小麦より米ブログ

KLで語学留学をしています。22歳です。食いしんぼうです。

モールがお菓子であふれる話

 

こんにちは。makoです。

ブログやめてませんよ。11日ぶりの更新です。

更新しようかな~と毎週末思っていました。

ですが、毎週気付いたら土日が終わっていました。

今日は改心してちゃんと書きます。

 

 

現在6月10日、ラマダン(断食月)です。

ムスリムの方は日の入り前と日没後の1日2回のみ飲食をしています。

ラマダンは毎年期間が変わるそうです。

今年であれば、5月26日~6月24日みたいです。

 

ラマダン中は、イライラしてる人が増えるとか、

交通事故が増えるとか言われているそうです。

正直なところあんまり実感はありません。

 

ですが現在学生ビザを申請してから、2週間目です。

6月中は書類来ないだろうな~と思っているので、

公的機関の動きが鈍くなるという噂は本当みたいです。

 

こんな感じなので、ラマダンに入る前はちょっと緊張していました。

ですがみんな大人なので、学校とか路上でブチ切れている人も居ません。

けれど、ムスリムの方みんな疲れてはいるいたいです。

元気のない人に声をかけると、

「空腹だし喉乾いてるけど、なにより眠いし疲れる」のだそうです。

 

マレーシアでは19時半以降に夕食を取ってから、

そのまま寝て起きてを繰り返して午前4~5時に2度目の食事を取るそうです。

この前は友達が朝寝過ごして一食とり損ねて絶望していました。

ぐったり1限をやり過ごしてから早退していました。

 

私の学校では、ラマダン中は木曜の出席率が異常に低く、

金曜はみんな寝ているのが定説なようです。

 

ラマダン中に私自身が気を付けていることとと言えば、

大人数が居るところでは飲食しないようにしていることくらいです。

普段は学校でも授業中に机の上にお茶を出していたんですが、

リュックにしまったまま、飲むときもこっそり飲んでいます。

 

信仰心を支えに断食、というのはやはり尊敬します。

なぜなら私は食べることが大好きだからです。

頑張れ~など口に出しては言いませんが、心では応援しています。

多分これはマレーシアに住む人に共通する気持ちなんじゃないかなと思っています。

 

モールなどは、この期間ramadan sweets giftで溢れます。

ラマダンは身体と同じく精神的にも清らかでいるために、

自身のコミュニティの貧しい人達への贈り物として送るようです。

 

体に優しいナッツやデーツ、果物などを使ったお菓子がぎゅっと入っています。

この贈り物がなかなか大きく、色も派手でぴかぴかしています。

なので、集団で陳列されているとちょっと迫力があります。

 

ラマダン明けにはお祝いをするそうです。

一張羅を着て美味しいものを食べてお祭り騒ぎなのだとか。

今から楽しみです。それまでみんな体調を崩さずにいてほしいなと思っています。

 

今日はムスリムの友人が真っ白のガラベーヤを着ていました。

普段着とだいぶ印象が変わって、一瞬誰だか分かりませんでした。

今週末に引っ越し祝いのパーティーをするのでおいでと誘われました。

ラマダン中も元気な人は元気に楽しむようです。

 

マレーシアに来て3回目のテストが昨日終わりました。

今日から3連休です。では今日はこのくらいで。